SSブログ

ハイコスパ ガラケ+スマホ 2台持ち [通信]

私含めて家族4人共に、
iPhone5のMVNO(IIJ)運用+ガラケ(Softbank)の2台持ちである。
IIJ費は、3GB/月+SMS付帯の(1125円/月)、
Softbank費は(1236円/月)、
1人当りの総月額通信費は(2361円)である。

ガラケ+スマホ 2台持ちの利点。
 ①スマホ以外にサブの送受手段を持てる。
 ②家族間はホワイト家族で話放題。
 ③ガラケで通話中にスマホ地図、Webが見られる。
 ④キャリア会社を2つ持ち、Redundancyに優位。
 ⑤多くのポイント制入会にはキャリアメールのみ受付が有効。
 ⑥ガラケの電池切れはスマホと独立であり心配する事は無い。
⑦ MVNO Data Simの回線が制限されている(正規キャリア比)ため、
  MVNOだけでは通信信頼性低のため2台持ち必須。

ガラケ+スマホ 2台持ちの欠点。
 ①充電管理が2台(ガラケ+スマホ)
 ②常に2台を携帯。
 ③ガラケバッテリ交換が困難(旧機種のため)
 ④通信費が冗長。

スマホ1台に集約できていない理由
 ①Softbankの2年縛り(途中解約 9500円)があるため。
 ②IIIJ「みおふぉん」への信頼度が未知数のため。

整理してみると、ポイントは2つ、
・Softbankの2年縛りが進化を拘束している事。
・ガラケ現役維持の欠点はハードウエア的要素が多い事。

上記の"2年縛り条件"はまだ軽度な方であり、
キャリア間のMPN移動者には過剰な条件で縛っている。
また総務省は「SIMフリー義務化」へ舵を取とった事により、
さらに、キャリア会社のユーザ囲い込みは
激化(高額の解約金、長期縛り)する事は容易に類推できる。
これが、果たして総務省が狙っているものなのか?。
この結果は、2015年度内に観る事ができると思量する。


★前置きが長くなりました。
さて、本題です、
ガラケ+スマホ 2台持ちの欠点にあげた、
③ガラケバッテリ交換が困難(旧機種のため)
を解消のため、
新古ガラケを求め、Rmobile@秋葉原
https://used.prins.co.jp/shop/r_akihabara/
へ行ってきました。
ガラケ中古市場は、傷付中古品が99%以上であり、
価格も2500~9000円と、C~Dランクばかりです。
早速ガラケ中古Shopの王道のRmobile@秋葉原へ視察。
Shop系列は、
PCNET アキバ本店とRmobile 秋葉原店
があります、同系列でありながら価格も内容も少し異なっています。
Rmobile 秋葉原店の方が、品揃え、価格共に良好に思えます。
今回、001SC/Softbankを新品(1980円)でGet。
新古品で大量に入荷(2015/4月)しており、
ガラケ/Softbank新品を求めている御仁へは最良。
因みに、
同型番の中古ランクC(傷有)が(2980円)にて
PCNET アキバ本店に多数陳列されており(要注意)。

ガラケ1.JPG

ガラケ2.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。